ヨガインストラクターへの道

インストラクター養成講座

インストラクター養成講座

インストラクター養成講座 健康や美を維持することに関心を持つ人が増えたことで、ヨガを始めようと考える人が多いです。せっかく始めるのであれば、正しいヨガを基礎から学びたいと考えるので、ヨガの教室に通う人が増えています。
教室ではヨガインストラクターが教えてくれますが、インストラクターになるためには資格を得ていることで集客力をアップすることができます。ヨガインストラクターになるためには、ヨガアライアンスで資格を取得するという方法がありますが、その場合は2年以上の経験があり集中講座を20日間ほど受けることになります。もちろん初心者であってもやる気があるのであれば、長期のヨガインストラクター養成講座を受講することで、夢をかなえることができます。長期のヨガインストラクター講座の特徴は、基礎から学ぶことができるということです。指導者としての必要最低限の知識やスキルを身に着けて、その後は実践トレーニングをつむために研修を行うので、最低でも1年以上はかかりますが着実にスキルが得られます。

長期勤務に向いている人とは

長期勤務に向いている人とは ヨガインストラクターをする上で適性を知っておくのは大切なことです。長期勤務に向いている人の特徴は、なんといってもヨガを愛していることでしょう。どんな仕事にも言えることですが、好きでなければ継続するのは難しいです。そして自分自身が楽しんでいなければ、何をやってもうまくいきません。モチベーションが上がらない状態で頑張ろうとしても、空回りすることが多くなるでしょう。それは生徒にも伝わってしまうので、結果的にうまくいかないのです。
ヨガインストラクターの長期勤務を考えている人は、自分が教えることに向いている人なのか考えてみてください。ヨガをするのは大好きだけど、教えるのは苦手という人はいます。仕事は収入を得るために行うものですが、収入だけのために働くのは寂しいものです。自分自身が生徒にレッスンをするのが楽しいと思えること、そしてモチベーションを高く維持できること、などが重要になるわけです。ヨガインストラクターとして長く活躍するためにも、ここはよく見極める必要があります。

Copyright © 2019 ヨガインストラクターへの道 all rights reserved.