ヨガインストラクターへの道

取得すべき資格

取得すべき資格

取得すべき資格 ヨガインストラクターになるための国家資格はありませんが、全米ヨガアライアンスが行っている講義を取得すれば認定を得ることができます。
認定資格を得ているだけで、ヨガインストラクターとしての箔をつけることができますし、スポーツジムなどに雇ってもらうときにも強いアピールポイントになります。
全米ヨガアライアンスは、その名前の通りアメリカが発症ですが、アメリカだけでなく世界でも通用します。
日本でも1番知名度があるものと考えられているので、その認定を受けるだけで生徒を集めるときに役立つといえます。
全米ヨガアライアンスでは、いくつかの認定制度があり、定められた講義時間によって取得できるものが異なります。
キッズ向けのものやマタニティ向けのヨガを学ぶことができれば、それだけ生徒を増やすことが可能です。
ヨガインストラクターになるためには、それらの認定を得るために養成スクールに通ったり、海外で集中講座を受けることが主流になっています。

ヨガインストラクターにとって大事なのは信頼です

ヨガインストラクターにとって大事なのは信頼です 今のところ日本では、ヨガインストラクターに教員や医師のような国家資格はなく、民間の資格のみとなっています。
経験があり、ヨガの知識を持っている人であればヨガを教えること、クラスを始めることが可能です。誰でもヨガの指導することはできてしまいますが、教えるための知識や経験があることはもちろんのこと、何よりも信頼される人物でなければ、ヨガインストラクターとして活動することは難しいでしょう。
自分でスクールを開校する場合には生徒を集客しなければなりません。
どこかのヨガスクールやジムなどで働く場合も、雇用主に認めてもらうことが必要です。
どちらの場合でも、ヨガインストラクターとして活動するためには信頼が得流ことができるかが重要になります。
特にヨガは身体や心と密接なものなので、生徒ひとりひとりにとって安心してリラックスしながらレッスンを受けられることが必要となります。
ヨガインストラクターになった後も、知識を増やし、経験を重ねて、自分を高める努力を続けていくことが大切です。

Copyright © 2019 ヨガインストラクターへの道 all rights reserved.