ヨガインストラクターへの道

インストラクターの悩み

インストラクターの悩み

インストラクターの悩み ヨガインストラクターとして働く方々は、色々な悩みを持っています。まったく自分のお仕事で悩みを抱えない社会人はいませんが、ヨガインストラクターは方々は少し普通のお仕事とは違った点で困りやすいです。例えば、サラリーマンやOLとは違い、フリーランス契約になっている事が珍しくありません。個人の努力次第で高報酬が得られる反面、契約更新がされなければ、収入が急にゼロになります。
契約先であるスポーツジムの経営状況や運営方針によって、今までずっと続けられていた契約が急に打ち切られる事もあります。こればかりはフリーランス契約の抱える仕様であり、我慢しなければいけない点ですが、ヨガインストラクターとして多くの生徒に支持されていたり、斬新なコーチングをしていても、月々のお給料が不安定になりやすいのが玉に瑕です。
ヨガインストラクター自体の数が近年増加して来ており、いわゆるライバルが増えているのも難点です。一般的なジムだと数人コーチ役がいれば充分であり、強力なライバルが増えると、お仕事の争奪戦が激しくなります。

求人に応募する場合

求人に応募する場合 ヨガスタジオで会員さん相手にレッスンをするのがインストラクターのお仕事ですが、自分もヨガに興味があるので実践するだけではなく指導したいという人もいるのではないでしょうか。もしヨガインストラクターの仕事をしたいと思っているなら、各ヨガスタジオの求人情報を確認してみましょう。全国規模でヨガスタジオを展開しているところなら、一人でもインストラクターとして働いてくれる人材が必要なので、すぐにでも転職したい人は狙い目です。
ヨガインストラクターの求人を探す時のコツですが、勤務形態や研修制度についてよくチェックしてみましょう。直接そのヨガスタジオに就職する場合でも、新卒採用と中途採用がある場合があります。業務委託でフリーランスで働けるスタジオもあるので、自分の生活スタイルとバランスを取った働き方ができます。ほとんどの人が未経験からスタートするので、研修制度を充実させているところが多く、大体一か月程度研修を受ければ大丈夫です。

Copyright © 2019 ヨガインストラクターへの道 all rights reserved.